FC2ブログ
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.17 *Wed*

がんばった2週間 その5

画像 033

2010年。綺麗な初雪が降った日。

●その1
●その2
●その3
●その4
2/1(月)

そしてあの日。

朝、めざましテレビで、
星座占いをチェックするのが日課になっていた私。
普段はあまり気にしてなかったけど、
まあちゃんと私、同じさそり座の運気はどうか、
今思えば気休めなんだけど、先がどうなるかわからない不安を
占いに託していた部分もあったと思います。
2/1 さそり座は1位。
どの占いを見ても、さそり座は最強運でした。
やった、まあちゃん!何の根拠もなく力が湧いてくる感じ。

なのに。。。

16:43 病院から電話。すぐに来てくださいと。
携帯がするりと床に落ちました。
私は、まだ入ったばかりの会社で、
「猫が具合が悪くて・・」なんて
ずっと言えずに仕事をし続けてきた、、、だけど、、、
泣きながら上司に「実は猫の具合が悪くて、
今危篤なんです」って言ったら
早く言ってくれればよかったのに!
すぐに行ってあげて!と温かい上司からの言葉。

私は猛ダッシュで会社を出ました。
外は雨でした。
傘を忘れたことに気付いたけど、
でも、もう戻る時間もない。
いつも会社からタクシーで病院に駆けつけていましたが、
この雨、そして月頭で幹線道路に面している会社の界隈は、
青信号でも車が動きません。
タクシーを捕まえても、いつ着くかわからなかったので、
そのまま駅へ走りました。
冷たい雨に打たれながら、
まあちゃん、まあちゃんと
何度もうわごとみたいに私は呼んでいたのを思い出します。

電車をいくつも乗り換え、病院の最寄駅へ。
冷たい雨はみぞれになっていました。
バス停にいったら、ちょうどバスは行ってしまったあと。
タクシーをつかまえて、運転手さんに
「●●動物病院にお願いします」と言いたいのに声が出ない。
人間って追いつめられるとこうなるんだ、、と思いました。

17:40病院について、
看護婦さんがすぐに診察室に案内してくれたそこには・・・

先生がいて、「もうだめです」と。
まあちゃんは、横たわっていました。
私は崩れるように、まあちゃんに抱きついて、
まあちゃん!まあちゃん!と何度も泣きながら叫びました。
一瞬、脈がくーっと上がったんだけど、そのあと徐々に下がります。
先生は、「心臓マッサージをしないと
どんどん下がってしまいます、、」といいました。
でも私は、「もう楽にしてあげてください」と言い、
そして心拍数はゼロになりました。

17:45 まあちゃんは一人でお空にいってしまいました。

まあちゃん、ごめんね、ごめんね。
辛い思い沢山させてごめんね。

今日のさそり座の占い。
私たちとっても運がいいはずなのに。

いつかは、と思ってたけど、
こんな早くいなくなってしまうなんて思ってなかった。

人のあとをちょこちょこついきては、人の視線が届くところに
ちょこんと座ってアピールしてたまあちゃん。
じゅぴちゃんをかまっていると、割り込んできて、
「僕が一番かわいいの」と、
得意げな顔で私にすりすりしたまあちゃん。
PC使ってると、ひざに乗ってきて、
キーボードの前にすわって、画面をみせなかったまあちゃん。
お布団にはいると、私の腕に自分の手をのせて、
すやすや寝ていたまあちゃん。
朝、忙しいのに、わざと扉の前でとおせんぼしたり、
出かけようとすると、洗濯機にぴゅーっと走っていって、
中に入って、「だしてーー」って
みゃーみゃー鳴いたまあちゃん。
そんなところをかわいいって思うときと、
うざい!って思ってた時があった。
こんなことなら、もっともっとかわいがってあげればよかった。
あとからあとから、涙と後悔にのまれていく。

先生から、今朝はとても調子がよかったということを聞きました。
先生の経験上、これはホメオパシーの効力がすぐに出たと感じ、
次のホメオパシーのステージにいこうと用意していたといいます。

ところが16時半、突然嘔吐。
おそらく汚れきった血液が脳に回り、
それがすべて出てきてしまったのでしょう。
みるみるうちに、まあちゃんは立てなくなり
そして心臓の音も弱くなったのです。

先生は「この子はとてもよく頑張りました。
もう少し体力があれば、ホメオパシーの効果も
いいものが期待できたと思う。それが残念です」と。
そして、もうきっとこの子の腎臓は限界に達したのでしょうと・・

私は先生に、「かわいそうなので全部鼻のチューブや
注射をぬいてあげてください」とお願いしました。

重篤なまあちゃんに対して、
先生方は本当に手厚く治療をしてくださいました。
なかなか腎不全で、飼い主が「ホメオパシーを」といっても
まだ獣医さんで取り入れてるところはないので
たまたま、主治医さんがやってらっしゃった
これは本当にラッキーだったと思いました。
苦しい、自分に合わない化学療法で最期を迎えたのではなく、
ちょっとでも気分がよくなった、、それだけでも救われた気がします。
まあちゃんが苦しくなった4時半から数十分。
きっと苦しんだのはこの時間だけかな、、、
今となってはわからないのだけど、、

先生にお礼をいって、
まあちゃんと家に帰りました。
ずっと帰ったら、どんなご飯を作ってあげようか、
あったかい猫ベッドも注文して・・・なんて思っていたのに、

さっきまでみぞれだった雨は、雪に変わり、
きれいな真っ白い雪が、空から沢山沢山降ってきます。
まるでまあちゃんのような白い、花のような雪。
私はタクシーの中で、ぽろぽろ泣きました。

初めて出会った日のこと。
じゅぴちゃんと引き合わせた時のこと。
色んな思い出が浮かんでは消えます。
この子は、まだ7歳。
猫は長生きだから。。。なんて、思っていて、
こんなに早くお別れするなんて思ってなかった。
あまりに突然だよ、まあちゃん。
そしてホストのあんたらしく、なんてドラマチックな日に天国に。

その日の夜、深々とつもる雪を部屋の窓から見ながら、
まあちゃんを抱っこして、色んな話をしました。
静かな雪の夜でした。

じゅぴちゃんはというと、不思議と遠巻きに見ていて、
微動だにしません。
ベッドで抱っこしながら、そしてじゅぴちゃんも隣に来て、
三人で、最後の夜を過ごしました。
二の腕のまあちゃんの噛んだ跡。ひっかかれた傷。
もうあんな風に甘えながら、お布団に潜り込んでくるまあちゃんはいません。

私の腕の中で眠るまあちゃんは、まだふわふわでとても可愛い。
いまにも起きてきそうな顔をしています。
こんなにかわいいのに、こんなにまだ暖かいのに。
あの青い大きな目で、私を覗き込んでいたまあちゃんの表情一つ一つが
物悲しく思い出された夜。

........................その6に続く
関連記事

COMMENT

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
本当にこの辛さは動物を家族として受け入れ
失ったものしかわからない辛さですよね、、
悲しい思いを思い出させてしまってごめんなさい。
せっちゃん、一人っ子謳歌してるんですね!
じゅぴちゃんは、今ちょっと精神が不安定で、
私は別の心配が出ています、、
こういう猫のストレスは色々病気を発病してしまうかも、、などと思い
何かホメオパシーをあげようかと思っています。
イギリスは本場ですものね。
日本はまだまだですが、まあちゃんがとてもいい結果を出したので
これから自己流ですが勉強はじめようと思っています。
ペットを不安というものから遠ざけるために何ができるか
これからじゅぴちゃんに対し、がんばってケアしていきたいです。

せっちゃんとの暮らし、毎日が宝物だと思うので
たのしんでくださいね!
また遊びに伺いますね。
by Tomoko #-
2010/02/18(木) 00:30 [Edit
まあちゃん、よくがんばりましたね。
拝見しながら、思わずうちのにゃんのことを思い出し
涙があふれ、とまりませんでした。
うちのおばあさんねこにもホメオパシー、
時々、使っています。
残されたじゅぴちゃん、きっと心細い思いをしているでしょうから、
まあちゃんの分までたくさん愛してあげてくださいね。
まあちゃん、お空の上でおふたりのこと
きっと見守ってくれているはずです…。
by Sinead #TFdBPIcY
2010/02/17(水) 21:06 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Profile

Tomoko

  • Author:Tomoko
  • 本館
    どうぞよろしく!


    この子達のページは
    本館のこちら


    2002年から
    2005年1月までの
    日記
    子猫時代の
    エピソード満載(^_-)-☆


    Mailも
    お待ちしてます♪
    Mail.gif



    リンクフリーです。
    よろしければバナーをお使いください。
    i102_6.gif


    *-*-*-*-*-

    昔からお世話になっています。
    便利グッツが沢山。



    *-*-*-*-*-

    とにかく種類がすごい!
    欠品も滅多にないので助かってます。



    *-*-*-*-*-

    どれもおしゃれなデザインばかり。
    まるで雑貨屋さんのラインナップ♪



    *-*-*-*-*-

    安い!餌の安さはここが一番♪



    *-*-*-*-*-

    猫グッツの専門店。
    ペット一般じゃなく猫にこだわってるラインアップは必見!

Post

Comment

Trackback

History

Category

Search

RSSフィード

Links

Copyright © Diary ++ Life With Cats ++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。