FC2ブログ
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.10 *Wed*

がんばった2週間 その2

IMGP7141.jpg

静かにその影は・・

●その1
2009/12/23(水)
毎年年末に、じゅぴちゃんとまあちゃんは、かかりつけのお医者さんにて、
お泊りコースで予防接種と共に一通りの検査をしてもらいます。
この年も、いつもの年と同じメニューでやってもらいました。
すると、まあちゃんの血液検査の結果、腎臓の数値が
例年に比べてほんのちょっと高かったのです。

これからこれ以上上がらないよう、ご飯を変えるか、
薬を与えるか、色々なサジェスチョンを先生から頂きました。
この時は、全く異変には(見た目では)気づいていなかったので、
正直全く危機感がなかったのは事実です。
ただ確実に、この子の腎臓は静かに悪化していっていたのでしょう。

2010/1/17(日) 
日本は大寒波がきていました。
外から私が帰ると、われ先に、、と
まあちゃんとじゅぴちゃんがお出迎えしてくれるんだけど
今思えばこの日ぐらいから、まあちゃんのお出迎えがなかったのです。
ご飯をあげても、じゅぴちゃんだけしか食べなくて、
まあちゃんはお布団の中で眠っています。
(思えばこの数日前からごはんは食べていなかった)
よっぽど寒いのかな、、風邪なのかなとちょっと嫌な予感がしました。
ただ、じゅぴちゃんも、まあちゃんも、たまにこういうことがあって
翌日にはけろっと、またぱたぱた走り回っていたので、
元気になると信じていた自分もいます。
たまにまあちゃんはお布団から出てきますが、
水を飲んで、トイレにいってまた寝てしまいます。
じゅぴちゃんの尿道結石のことがあったので、
トイレでおしっこを確認でき、ほっとしましたが

ご飯を食べずに、水だけ飲んでる
、、その怖い事実に、まだ私は気づいていなかったのです。

1/18(月)
朝、やっぱりまあちゃんは元気がありません。
普段だったら、すっ飛んでくるキラキラボールも
アライグマの私のファーマフラーも、見向きもしません。
会社から戻ってきても、朝と変わらず。
水はよく飲んでいます。でもごはんは食べません。
これは明日先生に相談してみようと思って
まあちゃんをなるべくあったかい毛布にくるんで就寝しました。

1/19(火)
朝、会社途中に先生に電話。
できたらすぐに病院につれてきてもらいたいと言われます。
たぶん、年末より腎臓の状態が悪くなってると。
私は転職したばかりで、時間に融通がきかず、
病院が開いてる間に連れて行くことが困難なので、
診療時間を少し過ぎないと連れていけないと伝えると
先生は、吐き気があるか、おしっこをしているかなどを聞いてきました。
吐きはしてないこと、おしっこはちゃんとしていることを告げると、
本人を週末に連れてくるとして、それまで血管を広げて血の巡りをよくする
フォルテコールという薬と、腎臓の療養食のサンプルを渡しますから
診療時間が過ぎてもいいので取りに来てくださいと言われました。
病院に寄って、薬とごはん、それからシリンジももらい、
家に着くと、やはりまあちゃんはお布団にくるまっています。
薬をつぶして、かりかりのサンプルをミルで粉々にし、
水で少し解いて、薬と混ぜて口の横からシリンジで注入すると、
吐き出さず食べます。えらいえらい。
少しずつ少しずつ、ご飯をあげました。
ちょっと口の中が臭う?でもまださほど気にしていませんでした。

1/20(水)
朝、時間をかけて、ごはんを食べさせます。
少量ずつ口に注入。
私の洋服もベッドカバーもごはんまみれ。
でも大丈夫大丈夫、ちゃんと食べてくれれば御の字だから。
少し食べてから、またお水を飲みにいきます。
この日はちょっと元気で、うろうろしたあと、
テレビを踏み台にし、たんすの上にある
ベッドに飛び乗ろうとしていましたが
力がないのか、何度か失敗していました、、、
まあちゃん、どうしたの・・・?

1/21(木)
朝。昨日は少し元気のように見えたんだけど、
今朝はご飯をとても嫌がります。

そしてやっぱり、、、この口の臭いが気になりました。
夜、帰ってみると、今度は歯ぎしりをしています。
私の顔をみては、「な。な。」と声にならない言葉を発します。
そしてお水を飲んだ後、トイレにこもって出てきません、、、
明らかに朝より体力が落ちているので、
病院に、、と思いましたが、今日は休診日。
近くの救急病院に電話をして症状を告げると、
すぐに連れてきなさいと言われます。
前回の血液検査の結果と、与えてる薬を持って、タクシーで病院へ。
この病院は、21時から朝7時までやっている夜間専用の緊急病院。
21時の時点で、すでに患者さんのわんこがいて、診察をしていました。
獣医さんと看護婦さん二人が当直。てきぱきと診察を進めています。

まあちゃんの番になり、診察台へ。
看護婦さんがラグドール好きということで、
かわいいかわいいっていってもらました。

体重は、12月に比べて、1キロ減っています・・・2.8キロ。
体調が悪いせいか、目がつりあがり、
いつものくりくりお目目のまあちゃんではありません。
瞬膜が出てること、眼球がきょろきょろしてること、
また軽い脱水症状を診断され
すぐに血液検査。30分待ってくださいと言われました。

待合室にいると、次々とわんこやさんが運び込まれてきます。
みんな心配そうな飼い主さんと共に。
家族みんなで来てる人が沢山いて、
私は初めて「心細い」という感覚を感じました。
今まで健康だったじゅぴちゃんとまあちゃんと
暮らしていたときは、何も思わなかったけど
一人でお母さんもお父さんもやってる
自分というものを改めて感じ、
見えないまあちゃんの症状、
この先どうなってしまうのか、
もう不安と心細さと恐怖で押しつぶされそうでした。

血液検査の結果は、想像以上のものでした。
BUEは180以上の測定不可能、CREは19台とありえない数字。
リン(PHOS)も20オーバーで測定不可能。
先生が「正直、この顔つきからして、
ここまで数字が悪いと思えなかったのでびっくりしました」
と言われました、、
貧血とカリウムの数値は異常ないのが救いだと。
そして言われたことは、ここでできるのは
朝の7時までの静脈点滴。
ここは夜間のみなので、朝お迎えにきてもらってから
そのままかかりつけの病院に搬送し、
続きの点滴をしてもらうのがいいでしょうとのこと。
ただし、救急病院なので
とても高い料金(54000円でアニコムの1万円補助が出る)
を言われましたが最善を尽くしたかったのでお願いしました。
また数値があまりに悪いので、今晩覚悟をしておいてくださいとも。

「もし容体が悪くなったときは、
ここは緊急病院なので、まずは処置をします。
こんなことをいうのはつらいのですが、
何かあったら、事後報告になることをご了承ください。
今はそのぐらい危険な状態です。」

私の中で、なんというか、幽体離脱というか、
別の人間が先生の話をきいて、
まるで抜け殻のような自分が無気力に立っています。
悲しいとかそういうことを逸脱し、
目を見開きながら気を失ってる、、そんな感覚でした。
先生にお願いしますといって、
まあちゃんをきゅーっと抱きしめました。
小さくなっちゃったまあちゃん、
私の責任だ、、ごめんね、ごめんね、、
心の中で泣いているけどやっぱり心と体が別々になった感じ。

が、タクシーで家に帰り、
まあちゃんがさっきまでいたベッドのくぼみにうっつぶして号泣。
涙があとからあとから出てきて止まりません。
じゅぴちゃんは、黙って私のそばにいてくれて、
ぺろっと涙をなめてくれましたが、一瞬すごい顔になりました。
その形相に、ちょっと泣き笑いしまった私でした。ありがとね。
その夜は、お友達に電話して話を聞いてもらったあと、
ネットで腎不全のページを徘徊しましたが、
怖くなって、またベットに潜り込みました。
じゅぴちゃんがまた来てくれて、
じゅぴちゃんと携帯をだっこしながら、朝を待ちました。
部屋にふわふわしてるまあちゃんの毛すら、今は掃除したくありません。
どうか携帯が鳴りませんように、、
その数時間が、ものすごい長い時間に感じました。

・・・・・・・その3へ続く
関連記事

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Profile

Tomoko

  • Author:Tomoko
  • 本館
    どうぞよろしく!


    この子達のページは
    本館のこちら


    2002年から
    2005年1月までの
    日記
    子猫時代の
    エピソード満載(^_-)-☆


    Mailも
    お待ちしてます♪
    Mail.gif



    リンクフリーです。
    よろしければバナーをお使いください。
    i102_6.gif


    *-*-*-*-*-

    昔からお世話になっています。
    便利グッツが沢山。



    *-*-*-*-*-

    とにかく種類がすごい!
    欠品も滅多にないので助かってます。



    *-*-*-*-*-

    どれもおしゃれなデザインばかり。
    まるで雑貨屋さんのラインナップ♪



    *-*-*-*-*-

    安い!餌の安さはここが一番♪



    *-*-*-*-*-

    猫グッツの専門店。
    ペット一般じゃなく猫にこだわってるラインアップは必見!

Post

Comment

Trackback

History

Category

Search

RSSフィード

Links

Copyright © Diary ++ Life With Cats ++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。